天地のめぐみとは | 天地のめぐみ


天地のめぐみとは

天地のめぐみ―エネルギー農法での農業―のはじまり

縄文時代は,人々の霊性(人格・精神性)が非常に高かった時代とされています。
それは,人々が波動の高い場所で育った,自生した植物を採取し食していたからだそうです。

しかし,弥生時代に移行し,農耕と人のエゴが結びつき人に自然を従わせる形で食物を生産するようになってから,
食物のエネルギーは落ち,人々の霊性は低下していくことになったようです。

そこで,より「自生」に近い状態をつくり,精霊を通して地球と対話しながら農作業を行うことで,「自然に人間が従う」かたちで作物を育てることができれば……
さらには,自然と人が協力し合って作物を育てることができれば,縄文時代にあったであろう自生の植物に劣らないくらいに野菜のエネルギーを高めることができ,
人々の霊性を高めるのをサポートできるのではないかと考えました。

食べ物を変えることで,人と自然の「真の共生」の実現に貢献したい。
そう考えて,この農法を始めました。

天地のめぐみ のもつ目的(使命)

~エネルギー農法での農業が目指すもの~

 ・自然との真の共生・共存を実現する
 ・地球が喜び、地球が求めている農業を広める
 ・人々の霊性を高める効果のある野菜・果物・お茶などを育てる
 ・農地のエネルギーを高めることで地球の地力を回復させる
 ・よりエネルギーの高い野菜を育てるための研究
 ・意識の高い(常に自己成長に取り組む)農家の人材育成


Copyright(C)2013-2015 天地のめぐみ AllRightReserve.